www.youthagainstms.org

クレカを申し込むと通常は加入カード会社からご利用明細が届きます。それら利用代金明細を見るとどこの店でどんな物にクレジットカードでどれくらい消費したのかに関する詳細内容が書かれているためこれまでそのクレジットカードを用いたリストを確認することが容易で安心です。これだけで運用するにはある意味難しいのではないかと思いますが、ミニ収支記録みたいなものに見立てることもいいアイディアだし節約にももってこいです。それからこのクレカ利用代金明細送られてから一般的に半月ほどで請求額の送金が行われます。なので送られてきたクレジットカード利用代金明細をよく注意していて思わず身に覚えのない項目例えば頼んでもいないサービスが明細に載っていたら指定の電話番号に連絡して照会してもらえばOKなことがほとんどです。それでクレジットカード犯罪に類するユーザー以外による使用が確認された場合であっても、クレジットカード利用者に問題がない限りは大抵の状況においてはカード会社がそれらの利用を補償してくれます。今日ではそのような明細書をパソコン画面で確認できるブランドが増えてきています。いつでもどこでいくら払って買ったかをチェックしておく習慣にして不正利用を未然に防止するのはもちろんのこと、出納帳としても使えてお金の管理のようなこともいっぺんに足りてしまいます(ホームページでユーザーの履歴をリストアップすることができるブランドは昔の取得ポイントや利用可能残高等が見ることが可能な場合が多です)。クレカはカード利用以外の意味でもとりわけ力になるツールなのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.youthagainstms.org All Rights Reserved.