参考にすることによって為替相場の状態

FXに関しての面白さは単一の商品であるがお金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」の3種類の期間からどの期間を選ぶかということによって、投入の手法が大きく違うという点にあります。仕事 辞めたい アフィリエイト

第一に外貨投資の「長期の投資」について詳しく見てみましょう。

長期スタンスとは一年以上の長期出資を前提にしているのです。

一般的に為替レートで、一年以上も先の為替の相場がが円高であるか、それとも円安であるかを予言するということは、一般的に無理なはずです。

普通は「それほど後々の状況は予測できない」と考えるのが当然のことだと思います。

わからないのに懸命に予測しようと努力しても、無理なことです。

そんなわけで他の貨幣を買った場合、その時の買いレートよりも円高になったとしても、その分は少し経てば円安になるだろうというポジティブな意識で取引に挑むことが必要です。

利益を何が何でも目指すことではなく、その他の利益、言い換えればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を大きくするのをターゲットということにして出資しましょう。

当たり前のことですがちょっとの間で為替差損にマイナスがたくさんなることがあります。

ですからそのようなマイナスが膨らんでも耐えられるように、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限でトレードするのは大事です。

外国為替証拠金取引は差損が一定額よりも大きく広がると、追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったりもしくはストップロス(ロスカット)になったりします。

損切りをしたら取引をフィニッシュせざるを得なくなり長期投資が難しくなります。

この手の危険を回避するにはレバレッジ2?3倍あたりで取引するのがベストです。

今度は中期のスタンスのケースのトレードについてです。

中期の投資では最大でも2ヶ月ほど先々を推測しての売り買いをします。

為替トレードの場合は、約1ヶ月くらい後のことは、おおよそ、想定できるな場合が多いでしょう。

G7などのような国同士の論議の議題や為替取引に参加している人たちが何をところに注視しているかを聞けばいくぶん、予知できると思います。

こんな経済の状況を見ながらもグラフを参考にすることによって為替相場の状態を把握できるようになりどちらのポジションかを決定するべきです。

基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどちらでも良い状態であり、または買いが一致した時は、ジャッジした通りに動くと考えて大丈夫です。

その場合ポジションを増やすと多額の儲けを入手できるはずです。

最後に短期のトレードのポイントです。

ここでいう短期トレードが示しているのは言い換えればデイトレのことを示しています。

為替相場でデイトレをする際は経済の基礎的条件は絡んでいないと思います。

なぜかというと次の日のレートの変化に、経済情勢は絡んでいないからです。

この場合、カギは目を引く催しがあることでそのおかげで為替の相場が大きく変動する機会を見逃さないよう取引することです。

例を挙げると、アメリカ合衆国で雇用者の統計が公布されるもしくは金融政策決定会合等によって金利が変動するようなイベント。

こういった瞬間的な動きを逃してはいけないといったことから、短期のスタンスでは多様な要素が求められる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.youthagainstms.org All Rights Reserved.